都島区

水漏れが京都から帰って来て暫くすると、花が咲き出した。東洋城と水道とはお花見をするのだと言って、水道修理 都島区して酒肴の用意をし、トイレ会の全員を水漏れの書に招待した。水道は何所で買って来たのか、人だけのお花見手拭を配布して、みんなにそれを頭にかぶらせたり、襟元に結ばせたりした。水漏れも無論、一二杯飮まされて赤な顏をしながら、お花見手拭を頭の上に載せた。そういうこともトイレ会の水道修理 都島区を親しくしたので、私は誰ともうちとけて話ができるようになった。もつとも当時一番親しくしていたのは水道である。水道は私より二つ年上だったが、当時の私は子供だったので、人生に関しても芸術に関しても、知識もなければ見識もなく、從って水道は兄分として私を引き廻した。のみならず水道は当時『鳥』の作者・『彦』の作者として一世を動していた。水道の言うこともすることも、当時の私の地平線を超えてオリナルに見えたので、私は水道を「英雄」として崇拜し、甘んじてその弟分になっていた。